HOME > サステナビリティ > SDGsへの取り組み
環境への取り組み

SDGsへの取り組み

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

 緑川化成工業株式会社は、その事業を通じて循環型社会の実現を目指すことを中心としつつ、経済・社会・環境の三側面から持続可能な社会の実現、SDGsの達成に貢献してまいります。

リサイクル/循環型社会への取り組み


 緑川化成工業では、『高機能』、『高品質』、『高付加価値』の製品を『MKブランド』商品としてお客様に提供しています。MKブランド商品における取組の一つとして、エコマークを取得した国内生産のリサイクルアクリル板「リアライトRE」をはじめとして、循環型社会の実現のための商品開発と展開を進めております。MKブランド以外の商品でもリサイクル素材等を積極的に取り扱っております。
 こうした循環型社会実現への取り組みを通してCO2排出量の削減、マイクロプラスチックの原因となる海洋ごみの削減、森林由来の材料のリサイクルによる森林保全などに貢献します。

(再生率80%以上の国内生産アクリル板『リアライト®』)


働きやすい職場づくり


 制度の周知や管理職への研修を通して社員が産前産後休業や育児休業を取得しやすくし、仕事と子育てを両立できるようにするとともに、時短勤務や在宅勤務により多様な働き方を実現しています。また、業務の属人化の解消による平準化・効率化や、残業の事前申請制の導入等により所定外労働時間の削減にも取り組んでおります。
 社員のライフステージに合わせた働き方で仕事を続けられるようにすることでワークライフバランスの実現を支援します。

(当社における仕事と育児の両立支援の取り組み)


多様な企業とのパートナーシップによる取り組み


 緑川化成工業では、自社ブランドのリサイクルアクリル板「リアライト®」をご利用の加工業者様、「リアライト®」を使用した製品のユーザー様の分別回収のご協力のもと、アクリルのクローズド・リサイクルを推進しています。これからも様々な企業様とのパートナーシップで、SDGsの達成を目指します。

(拡がる「リアライト®」の循環型リサイクル)


平和と公正のためのCSR指針


 緑川化成工業では、CSRを果たすためのコーポレートガバナンスの一環として、グループ全体に対して緑川化成工業グループCSR指針を制定しています。CSR指針では以下のような内容(一部抜粋)を掲げ、チェックするよう定めています。
・強制的な労働、非人道的な労働の禁止
・児童労働の禁止
・差別の禁止
・汚職、賄賂や不適切な利益供与、その他自由で公正かつ透明な取引を阻害する行為の禁止
・法令等で規制される物質や技術に関する適切な輸出管理の実施