15.木目調再生PET樹脂 ウッディペット

木目調再生PET樹脂 ウッディペット 「ウッディペット」は使用済みペットボトルを100%再利用した、人と環境にやさしい木目調PET樹脂です。
※ウッディペット素材関連(板材、丸・角棒)、サインボード、ゴミ容器につきましては2009年5月末をもちまして販売終了となっております。なお、ベンチ(材)、車止めブロックの販売は継続されます。
■優れた耐候性・耐久性・耐薬品性
自然な木目調でありながら、PET樹脂の優れた性能はそのまま保持されています。
長時間風雨にさらされても腐食・変色しないため、木材のようなメンテナンスが必要ありません。
自然公園のような屋外使用に最適です。
■高い環境性
ペットボトル100%再利用というだけではなく、ウッディペット自体が再リサイクル可能です。
地域住民に環境への取り組み姿勢をアピールでき、分別収集の理解・協力につながります。
緑川化成工業TOP
 
お問い合わせはこちらから

14.面発光メタクリル樹脂板 デラグラス™AL995

面発光メタクリル樹脂板 デラグラスAL995 デラグラスAL995は拡散機能付き「面発光メタクリル樹脂板」です。従来に無い、アクリル板の面発光を実現させました(特許出願中)。

■特長
優れた発光性能:
一端面からの入光による「面」及び「端面」の発光性能において、従来の一般的なアクリル板では考えられなかった「発光量」と「発光距離」を実現しています。
※光源によって発光量と発光距離は異なります。

 

優れたコストパフォーマンス:
従来、アクリル樹脂を面発光させる為には、印刷や溝加工などの「表面加工」が必要でしたが、デラグラスAL995ならばそういった面倒な作業を必要とせず、十分な発光量を得ることが出来ます。
従って、加工費の削減、不良の原因となる加工・印刷のばらつきによる発光ムラなどが無く収率の向上が見込めます。

 

優れた加工性:
基本的な性能はデラグラスAと変わりません*1。従って、切断、切削、曲げ、接着、印刷等の加工はデラグラスAと同様に行うことが出来ます。
*1光拡散剤の添加により、A999(透明)に比べ、透過率は若干低下し、ヘイズ(曇価)が若干高くなります。

■用途例
従来のアクリルと見た目が殆ど変わらないにもかかわらず、発光が強く、光源次第で様々な色合いに対応可能なため、「店舗ディスプレー・什器の棚板、面板」などに用いれば、お客様の目を惹きつける効果が期待でき、「看板・サイン・パネル」に用いれば道行く人の目にとまりやすくなります。
また「住宅設備、建材」分野でも、従来アクリルと照明の組み合わせで利用していたものをこのデラグラスAL995に置き換えることで独創的なデザインを演出できます。
面発光メタクリル樹脂板 デラグラス?AL995 面発光メタクリル樹脂板 デラグラス?AL995 面発光メタクリル樹脂板 デラグラス?AL995
通常のアクリル板にLED光を入光させると端面のみが発光し、表面は殆ど発光しません
(デラグラスA999【透明】を使用)
デラグラスAL995に同じ条件でLED光を入光させると端面だけでなく表面からも強く発光します。 デラグラスAL995にレーザー彫刻を施し、全面発光している中で文字が浮かび上がるデザインを演出してみました。
緑川化成工業TOP
面発光メタクリル樹脂板 デラグラスAL995 面発光メタクリル樹脂板 デラグラスAL995 面発光メタクリル樹脂板 デラグラスAL995

光源の色を替えることで、様々な色で発光させることが出来ます。【光源:LED】

赤→黄→緑→青→紫→赤と色合いが連続的に変化するLED回路を用いた、面発光のデモンストレーションの様子を撮影しました。

 
お問い合わせはこちらから

13.サンロイドペットエース 防虫タイプ(EPG2800)

サンロイドペットエース 防虫タイプ(EPG2800) サンロイドペットエース防虫タイプは紫外線領域を中心とする光線をカットする色調を持ったPET樹脂板です。 昆虫が光に向かって進む修正を逆手にとって、昆虫の反応する紫外線領域の光線をカットする事で、昆虫にとっては見えにくくなり光源への飛来を防止する効果を発揮します。
他にも紫外線をカットする事で、感光性樹脂の感光防止や衣料品・食料品・美術品等の退色防止の効果を期待できます。
<用途例>
食品工場の機械カバー・のぞき窓・パーティション:
昆虫が飛来しにくくなり、異物として混入するのを避けることが出来ます。食品衛生法(厚生省告示第20号)に適合していますので、食品を扱う工場でも利用できます。
半導体製造工場の機械カバー・間仕切り:
感光性樹脂が感光しやすい短波長の光線をカットしますので、回路の焼き付け以外の工程で蛍光灯などによる感光や硬化を低減します。
サンロイドペットエース 防虫タイプ(EPG2800)

色調は透明感のあるオレンジクリア

一般的な加工は塩ビやアクリルと同様の方法が可能

サンロイドペットエース 防虫タイプ(EPG2800)

多くの昆虫を誘引する短波長領域の光を大幅カットする事で昆虫の飛来を防ぎます

※昆虫の種類により効果が異なります

緑川化成工業TOP
 
お問い合わせはこちらから

透ける竹

透ける竹 この度、こちらの製品「透ける竹」が緑川化成ブランドの新たな一員となります。(2004年5月発売予定)
孟宗竹をモチーフとしたこの「透ける竹」は、材質は透明アクリルで、直径80パイ/肉厚5mmのパイプ状構造をしており、ボディの所々にはの節をイメージした膨らみが配され、表面にある縦方向の筋目と相まって、見た目・手触りともに本物そっくりな製品になっています。

<特徴>

・「透ける竹」はアクリル製ですので、通常のアクリル素材と同様に切断・接着(※)が可能です。

※切断する事で長さを自由に変える事は出来ますが、接着はクラックの可能性があるので、事前テストで確認して下さい

・透明ですので周囲の雰囲気に溶け込みます
・周囲を暗くし、照明を使って光を通せば、「透ける竹」内部に入っている細かい気泡が光を拡散し、仄かに光ります。
・照明の色を変えれば、様々なカラーの「透ける竹」をお楽しみ頂けます。

仕様: 節間隔260mm、直径80パイ/肉厚5mm
用途: 店舗用ディスプレイ、間接照明、オブジェなどデザイン性を要求される場所に。
施工例
透ける竹

 「切断・接着(※)する事で好きな長さに調節可能」、「照明を透して淡く光る」という特徴を最大限に活かし、理想の舞台空間を創りあげました。

 舞台の中では、佐久間良子演じる「花子」が、ライトアップされた幻想的な竹林を背景に、観客の心を動かす優雅な演技を披露しました。

※切断する事で長さを自由に変える事は出来ますが、接着はクラックの可能性があるので、事前テストで確認して下さい

透ける竹 自然の竹と透ける竹を組み合わせた非常にユニークな店舗内のディスプレイ。
LED(発光ダイオード)を活用する事により様々な色合いを演出する事ができます。
緑川化成工業TOP
 
お問い合わせはこちらから

12.セラミック製バリ取りハンドツール「WorkFinisher」

セラミック製バリ取りハンドツール「WorkFinisher」

プラスチックの切削加工に付き物なのが、「バリ」と呼ばれる切り口にできる切り残しです。バリをそのままにしておくと見た目も悪く、思わぬ怪我をする事があるため、特にお客様の手に触れるプラスチック製品はこのバリ取りをきちんとしておく必要があります。
こういった「バリ」を簡単に取り除く事の出来るツールが、このWorkFinisher(ワークフィニッシャー)です。
従来、バリ取りにはカッターナイフ等を用いていましたが、刃が鋭利な為、怪我をしたり、プラスチック製品を深く切りつけてしまったりして安全性、作業性に問題がありました。その点WorkFinisherは、刃の無いセラミック製ツールなので、初心者にも簡単に扱え、曲面部のバリ取りも製品に食い込むこと無くスムーズに出来ます。
また、ステンレス製ナイフと違って刃の交換が不要なので、半永久的にご利用頂けます。

大型成形品用(品番:WF-1540)と小型精密成形品用(品番:WF-620)の2種類をラインアップしておりますので、用途に合わせてお買い求め下さい。

セラミック製バリ取りハンドツール「WorkFinisher」 セラミック製バリ取りハンドツール「WorkFinisher」
緑川化成工業TOP
カタログダウンロード お問い合わせはこちらから

11.フィルム剥離剤「New簡剥宣言」(かんぱくせんげん)

フィルム剥離剤「New簡剥宣言」(かんぱくせんげん)

New簡剥宣言ジェルタイプ

有害物質を含まず、安全性が高くにおいも少ない水性タイプの強力剥離剤です。マーキングフィルムなどのフィルムを確実に取り除く事ができます。従来製品に比べ、より環境に配慮した製品となっており、ジェルとリキッドタイプの2種類のラインアップでお客様の使い勝手に合わせてお選び頂けます。 また、両者に使用できる専用養生テープに加え、リキッドタイプには専用クロスと専用ボトルをご用意致しました。これら補助製品を用いれば、製品の名前が示すように簡単に剥がす事が可能です。

 

※現在リキッドタイプは廃盤です。 ジェルタイプのみの取り扱いとなります。
フィルム剥離剤「New簡剥宣言」(かんぱくせんげん) フィルム剥離剤「New簡剥宣言」(かんぱくせんげん) フィルム剥離剤「New簡剥宣言」(かんぱくせんげん)
リキッド専用ボトル リキッド専用クロス ジェル専用養生テープ
緑川化成工業TOP
 
お問い合わせはこちらから